J1首位・川崎 昨季王者・横浜Mに圧勝 MF三笘薫2得点の大暴れも「満足はしていない」

2020年09月05日 22時18分

チーム3点目を決めた川崎・三笘(右)

 J1首位を走る川崎が、昨季のリーグ王者・横浜Mに3―1で快勝した。

 敵地に乗り込んだ一戦は、開始早々の前半2分に先制を許したものの、徐々にペースを取り戻す。同33分にMF三笘薫(23)が、左サイド裏の広大なスぺースへ出たボールを受けると、ペナルティーエリア内にドリブルで持ち込んで同点弾。さらに後半3分にMF家長昭博(34)が勝ち越しゴールを決めたその2分後にこの日2点目をゲット。右サイドのグラウンダークロスをファーで反応した三笘が、左足でダイレクトシュートを放ってゴールへと突き刺した。

 この日の2得点で勝利に貢献した大卒ルーキーは「まだまだ決められたシーンもあった。満足はしていない」と貪欲。リーグ8ゴールでチーム得点王にも浮上したことには「これだけ得点を取れると思っていなかった。得意な形を引き出してくれるチームメートがいるのでそれに尽きる」と仲間に感謝した。元日本代表MF斎藤学(30)ら同ポジションのライバルたちとの切磋琢磨で成長のスピードアップ。来夏に延期された東京五輪世代でもある三笘の今後がますます楽しみになってきた。