ウッチー超えなるか J1名古屋の19歳SB成瀬竣平「守備で失点をしないことは大前提」

2020年09月03日 19時24分

オンライン取材に応じた成瀬

 J1名古屋の若手DF成瀬竣平(19)が世界を見つめている。

 下部組織出身の成瀬は、主に右サイドバック(SB)として活躍。リーグ戦でも10試合に出場しており、マッシモ・フィッカデンティ監督(52)も期待を寄せる若手有望株だ。

 日本屈指の右SBと言えば、先月に引退発表した元日本代表の内田篤人氏(32)。3日のオンライン取材で、内田について話が及ぶと「世界のどの選手もSBとして、まずは守備で失点をしないことは大前提にある。SBの選手として一番大事。いい守備が成り立った上で、攻撃的なところで自分の特長を出していくことが大事。それができれば、世界の選手に近づけるのではないか」と語気を強めた。

 今後に向けては「自分の1つのポジションで周りの選手がどう動くのか。周りの選手の動きで自分がどこのポジションをとるのかにつながってくるので、一つ一つのプレーもそうだが、SBがどのような働きをするかで、一発で得点につながることもある」と、さらなる高みを見据えている。

 引退した内田氏が認める右SBとなれるか。今後が楽しみだ。