J1柏・DF古賀太陽 東京五輪世代で切磋琢磨「負けていられないって気持ちはすごく増す」

2020年08月17日 16時20分

オンライン取材に応じたDF古賀太陽

 J1柏の東京五輪世代DF古賀太陽(21)が同年代の選手から大きな刺激を受けている。

 今季の古賀は、リーグ戦全試合でフル出場。7位と上位をキープするチームの主力として、活躍を続けている。17日のオンライン取材では、各チームで活躍する若手選手について言及。「アンダー世代の代表で一緒にやってきた選手だったり、子どもの頃から何回も試合を重ねて仲良かった選手たちが同じ舞台であれだけ活躍しているのは、気になるし刺激になるので、今だと大学生で試合に出ている選手もすごく多いので、負けていられないって気持ちはすごく増すので、すごくいい刺激を周りの選手からもらっている」と目をぎらつかせた。

 一部の選手とは連絡を取っており「札幌でこの前も試合に出ていたFW小柏剛(21)とかは、本当にジュニア年代の頃からの仲。スタメンで出ていると刺激になるので、刺激になっています」とお互いを高め合っている。

 東京五輪までは1年を切った。期待の有望株が切磋琢磨し合い、森保ジャパンのキーマンに名乗りを上げることはできるか。