J1浦和が前節のリベンジ成功 GK西川「今日は何としてもホームで勝ちたかった」 

2020年08月15日 23時26分

無失点の守備に貢献した浦和のGK西川

 大きな大きな勝ち点3を手にした。J1第10節、浦和は広島と対戦。開始早々に奪った1点を守り切り、ホームで3試合ぶりとなる勝利を飾った。

 前節の名古屋戦では6失点で完敗。大槻毅監督(47)も「非常に難しい1週間を過ごした」と話すなど、チームの状態が決して上向きとは言えない中での一戦だったが「まずは勝利が必要。自信を取り戻さないといけない」との思いで試合に挑んだエース・FWレオナルド(23)が有言実行の活躍ぶりを見せた。前半4分に自らのスルーパスをきっかけにPKを獲得。そのPKを冷静に流し込み、4試合連続となるゴールを決め、チームの重苦しい雰囲気を振り払った。

 しかし、その後は広島ペースで試合が進んだ。何度も決定機を作られたが「今日は何としてもホームで勝ちたかった」と、GK西川周作(34)が執念のファインセーブで得点を許さない。DF陣も堅い守備で西川をサポートし、白星をつかみとった。守護神は「集中力を切らさずにやれた」と振り返り「(前節は)大量失点をしてここに来たので笑えなかった。けど、今日は勝ったので笑わせてください」と充実した表情を浮かべた。