FC東京・DF室屋成 日本ラスト戦は15日「勝って向こうに」 原口所属の独2部ハノーバー移籍決定

2020年08月14日 16時00分

練習を行うFC東京の室屋(©FC東京)

 ドイツ2部ハノーバーへ完全移籍するJ1FC東京の日本代表DF室屋成(26)が14日、オンライン取材に応じた。

 正式オファーが届いたのは約1週間前。長谷川健太監督(54)らチーム内で話し合い、海外挑戦への思いを伝えた。室屋は「シーズン途中の移籍はチームに迷惑をかけてしまう。申し訳ない気持ちもあるが、短いサッカー選手のキャリアを考えると断ることはできなかった」と決断の理由を語った。

 ハノーバーには日本代表MF原口元気(29)が所属しており、電話で会話をかわした。「元気君からは向こうの状況を聞いた。電話で『来るっしょ』みたいな感じで言ってた」。過去には日本代表DF酒井宏樹(30=マルセイユ)やMF清武弘嗣(30=C大阪)らも所属しており「日本人に対して理解のあるチームだと思っていて、適応しやすい環境だと思う」と好印象を口にした。

 15日のホーム名古屋戦がFC東京ラストマッチ。試合後にはセレモニーも行われる。「FC東京で100試合以上出させてもらって、たくさんいい経験をさせてもらった。最後は勝って向こうに行きたい」と意気込んだ。