【J2】福岡戦中止の大宮・森社長「安心、安全なスタジアム運営を行う使命がある」

2020年08月02日 20時27分

 J2福岡の選手1人が新型コロナウイルス感染の可能性が高いと判定され、2日のJ2大宮―福岡戦(NACK5スタジアム大宮)が中止となった。

 オンラインによる会見に出席した大宮の森正志社長(57)は「中止は残念だが、安心、安全なスタジアム運営を行う使命がある」。Jリーグからは午後5時ころに中止決定の連絡を受け「即座に入場を止めて、中止の発表をし、安全にファン、サポーターにお帰りいただいた。コロナの感染に関しては、いつ何どき感染するのかわからない厳しい状況だと改めて痛感した」と語った。