J1横浜Mの遠藤渓太「泥水すすってでも何かつかんできたい」独1部ウニオン・ベルリン移籍を発表

2020年07月25日 18時58分

横浜Mの遠藤渓太

 J1横浜Mは25日、日本代表MF遠藤渓太(22)がドイツ1部ウニオン・ベルリンに期限付き移籍(2021年6月30日まで)すると発表した。

 下部組織から横浜Mひと筋だった遠藤はクラブを通じて「自分にとって初めての移籍で不安もあるけど、一切逃げるつもりはない。どんな壁に当たっても、泥水をすすってでも何かをつかんできたい。スクールから数えて16年間、自分の人生の半分以上をマリノスで過ごして、たくさんの事を教わった。僕ができる恩返しはドイツで結果を残して活躍することだけだと思っている」とコメントした。

 横浜Mの一員としては26日のアウェーの札幌戦がラストマッチとなる。