13年ぶり〝横浜ダービー〟はマリノスが4ー0圧勝! 横浜FCは俊輔投入も流れつかめず 

2020年07月22日 21時21分

 J1第6節が22日、各地で行われ、J1の舞台で13年ぶりに実現した〝横浜ダービー〟は横浜Mが4―0で横浜FCを下し、勝ち点3を獲得した。

 序盤は背後を狙う横浜FCに決定機を作られるも、横浜MのGK梶川裕嗣(28)の好セーブで得点を許さない。すると、前半31分にFWマルコスジュニオール(27)のクロスボールが相手DFに当たってオウンゴールとなり、思わぬ形で先取点をあげた。

 流れをつかんだ横浜Mは、後半11分に右サイドから日本代表FW仲川輝人(27)が供給したクロスをFWマルコスジュニオールがワンタッチでネットに流し込み、2点目をマーク。後半20分にはMF水沼宏太(30)のクロスをJ1通算100試合出場を達成したU─23日本代表代表MF遠藤渓太(22)が頭で叩き込みリードを3点に広げる。さらに、27分にも追加点を奪い、試合を優位に進めた。

 対する横浜FCも後半30分から元日本代表MF中村俊輔(42)を投入。ベテランの華麗なキックで反撃を試みるも、万事休す。今季の横浜Mにとっては、8日の湘南戦(ニッパツ)以来の勝利となった。