昨季王者の横浜Mが湘南に辛勝 ポステコグルー監督「難しいシーズンになる」

2020年07月09日 11時05分

横浜M・ポステコグルー監督

昨季のJ1王者・横浜Mの2連覇は一筋縄ではいきそうにない。

 リーグ開幕から2戦勝ちなし(1敗1分け)で迎えた8日の湘南戦。中断期間中にベルギーから古巣復帰を果たした元日本代表MF天野純(28)が、後半途中出場から2ゴールの活躍で3―2の勝利に大きく貢献した。

 決勝点は新加入のFWオナイウ阿道(24)が決め、新戦力と復帰組が台頭。すんなり勢いに乗れそうな流れだが、アンジェ・ポステコグルー監督(54)は「今季は難しいシーズンになるのはわかっている。昨年の優勝で、どのチームも自分たちを倒そうとしてくる。選手たちには『チャレンジ精神を持たないとダメだ』と言い続けている」と楽観していない。

 まだリーグ3戦を消化しただけとはいえ、昨季MVP&得点王のFW仲川輝人(27)が3戦連続無得点なのも気がかり。今季開幕前に「マークが厳しくなるけど、結果を出したい」と語っていたように、チームとして個人としてさらなる進化が求められそうだ。