名古屋・ジョーの契約解除の裏

2020年06月22日 16時40分

【サッカー情報局】サッカー担当記者 J1名古屋が、2018年のJ1得点王で元ブラジル代表FWジョー(33)との契約解除をついに発表しました。

 デスク 17日に古巣のブラジル1部コリンチャンスが獲得を発表していたから驚きはしないよ。

 記者 ですが、契約解除のリリースには、この件は国際サッカー連盟(FIFA)の紛争解決室に委ねているとの記載もありました。

 デスク 何かでモメているってことか。確か今季まで契約が残っているはずだから、名古屋が契約解除金を求めているんだろう。

 記者 移籍金の発生する契約期間中の移籍ですから、そうじゃないかと思ったのですが…実は違いました。

 デスク では、どういうこと?

 記者 ジョーと名古屋の間でいつ契約を解除したかの認識に差があるみたいで、ジョーが「名古屋は契約期間の未払い給料を払え」と、FIFAに訴えたとのことです。

 デスク 給料はもらえるけど、名古屋で飼い殺しもあり得るところから“自由の身”になれたわけだし、そこまでむしり取ろうとしなくてもいいのに…。

 記者 コリンチャンスは相当な財政難らしいので、もらえるものはもらっておこうって魂胆じゃないですか。

 デスク その紛争解決室が、どこまでジョーの主張を認めるのかも注目だな。