横浜M・天野&C大阪・豊川 ベルギーからJ復帰の2人に注目

2020年06月09日 16時40分

再開に備える天野(C)Y.F.M

 

 ベルギーリーグからJに復帰した元日本代表MF天野純(28=横浜M)とFW豊川雄太(25=C大阪)が、J1再開に向けて腕をぶしている。

 天野は昨夏に不退転の覚悟でベルギー2部ロケレンに移籍したが、新型コロナウイルス感染拡大による同国リーグの打ち切りなどでチームは経営破綻。不本意な形で欧州挑戦に終止符を打った。古巣復帰時には「このような形での復帰は、正直に言うと、とても悔しい」とコメントしたが、今は下部組織から所属した愛着あるチームで2連覇へ貢献したい気持ちを高めている。

 もちろん簡単に定位置をつかめるほど甘い世界ではない。天野が主に担う守備的MFには、元日本代表の扇原貴宏(28)や主将の喜田拓也(25)らがひしめく激戦区。それでも再開後は過密日程となるため、決してノーチャンスではない。「一から自分の実力を証明したい。まずそこから」とスタメン奪取を誓った。

 一方の豊川は、今季開幕前にベルギー1部オイペンからC大阪に移籍。公式戦わずか2試合で中断し、出鼻をくじかれてしまったが「向こうで1トップで使われて調子が悪くても何でもいいからゴールを決める意識に変わった。セレッソでもFWなので自分がチームのためにやることの一番はゴール」と力を込めた。

 オイペン時代の2018年3月、最終節でハットトリックを達成してチームを一部残留に導く快挙でクラブの英雄となった。中断前の2試合はともに途中出場で現段階ではスーパーサブの立ち位置だが「そこで結果を出せばスタメンになれる」と目をギラつかせた。新天地ではどんなインパクトを残せるか。