昨季王者・横浜Mが2か月ぶり全体練習再開 

2020年06月01日 16時34分

 昨季のJ1王者・横浜Mが1日、横浜市内で、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断していた全体練習を約2か月ぶりに再開した。

 非公開練習だったこの日は接触プレーを伴う練習は行わず、飲料水の共有なども避けて感染症対策に配慮。練習後には、昨季のMVP&得点王であるFW仲川輝人(27)と、主将のMF喜田拓也(25)がオンライン取材に応じた。

 仲川が7月4日のJ1再開日に向けて「あと1か月、チーム全体で質を高め、90分間戦える体力、フィジカルにしていきたい」と話すと、喜田主将は「この自粛期間に、それぞれが感じたことをこれからのチームのプラスになるようにしていきたい」と意気込んだ。