プロ野球とJリーグ 開幕&再開時は「無観客が妥当」

2020年04月23日 14時05分

今後の見通しを説明する村井チェアマン

 日本野球機構(NPB)とJリーグが共同で設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」が23日にウェブ会議で開かれ、公式戦の再開時は無観客試合による開催が妥当との見解が示された。

 専門家チームの賀来満夫氏は「再開するにあたって、どのようなことに注意して開催するのか。もちろんまずは無観客という形になると思う。選手、スタッフ、家族の健康管理をどうやっていくのか精度を高めてしっかりガイドラインを作っていく」との方針を明言した。

 Jリーグではこれまで、スタジアムでの感染を助長する密集や密接を避けるため観客席の収容率を下げて開催する計画を持っていたが、今回の提言を受けて村井満チェアマン(60)は「非常事態宣言下では無観客を含めて試合開催は難しい」としたうえで「制限が解除された場合には、最初は無観客試合を想定するのが妥当ではないかというご指摘だった。一つの方法論として、まず観戦者の安全を考えなければならない立場なので、無観客試合もこの段階に来れば我々も想定しなければいけない」と語った。

 再開日程はまだ白紙の状況だが、再開時は無観客試合でのスタートとなりそうだ。