武田修宏氏「Jリーグの試合延期決断を評価したい」

2020年02月26日 11時30分

Jリーグの対応を評価した武田氏

【武田修宏の直言!!】Jリーグは、新型コロナウイルスの感染拡大で3月15日までに予定されるJ1、J2、J3の各リーグ戦とルヴァンカップ1次リーグ第2、3節の計94試合の延期を発表したけど、その決断を評価したいね。

 試合をやめれば、選手のメンタルやコンディションをはじめ、各クラブの経営状況なんかも気になるところだよね。それに今後のスケジュールは相当厳しくなるんじゃない? これから新たに組み直すんだろうけど、後半戦は日程がタイトになるなど、大きな影響は避けられない。

 それでも、やっぱり命にかかわる問題だからね。大きな“損害”はあるけど、決して無理をしていい状況じゃないよ。サポーターも不安に思っていただろうし、選手たちや、その家族も心配していたはず。私もイベントの仕事が急に2つキャンセルになってしまって残念だけど、今回ばかりは仕方ないんじゃないかな。

 とにかく新型コロナウイルスの感染拡大が収まってほしい。再び安全で、安心してサッカーを楽しめる日が来てほしい。それまでは少しの間、我慢だね。

(元日本代表FW)