J1横浜M “エゴイスト仲川”で今季も得点王だ

2020年02月05日 16時40分

仲川がゴール量産に“強欲”だ

 J1横浜Mの日本代表FW仲川輝人(27)がエゴイスト化で2年連続得点王を狙っている。

 昨季は得点王(15ゴール)&最優秀選手賞(MVP)を獲得したが、さらなる進化を求めて背番号と同じ23ゴール以上での“タイトル防衛”を自身に義務付けた。「目標というか達成しなければならない数字。ノルマ? そういうイメージに近い。マークが厳しくなるけど、結果を出したい」

 ゴール量産のイメージも完成しつつある。「もっと我を出していかないと23点に届かない。それに去年できなかった1試合に2点以上もできるようにしていきたい」。それを実現させるべくキャンプ中から映像で昨年のプレーを振り返って反省点を洗い出し、改善につなげている。

 ゴール量産によってチームは5冠(J1、ルヴァンカップ、天皇杯、アジアチャンピオンズリーグ、富士ゼロックススーパーカップ)獲得の可能性が広がり、個人としても日本代表定着の足がかりになる。「もちろん全タイトルを狙っている。代表では結果を出さないといけない。選ばれるために今年も結果を出し続けることが大事」と力を込めた。

 結果を出した翌シーズンに数字を残してこそ「ホンモノ」と言われる勝負の世界。自ら設定したハードルを越えてトップ・オブ・トップへの道を突き進む。