キングカズのキン言 窮地の日本代表・森保監督に…

2019年12月23日 16時30分

イベントに参加したカズが代表指揮官にエール

 カズこと元日本代表FW三浦知良(52=横浜FC)が、窮地の盟友に緊急アドバイスだ。

 東アジアE―1選手権で宿敵の韓国に敗戦するなど、低迷する日本代表と五輪代表を兼任する森保監督には、ファンや評論家から批判的な声が出ている。かつて日本代表として指揮官とともに戦った先輩として手を差し伸べた。「芯が強い。自分の理想、考えを曲げないし顔色も変えない」と人間性を評した上で「来年の五輪は相当なプレッシャーがあると思うけど、ポイチ(森保監督の愛称)の信念を曲げずに自分を信じて良い成績を収めてほしい」と力強くエールを送った。

 集中砲火を浴びる森保監督にとっては、レジェンドからの金言は何よりも心強いだろう。

 また、東京五輪のエース候補として期待されるMF久保建については「修正能力が高い。みんなから求められるものをやりつつも自分のスタイルを出せる。非常に頭のいい選手」と絶賛。「まだ18歳。僕の年まで何年あるのか…どうなってしまうんだろうね」と、さらなる成長に大きな期待を寄せた。

【関連記事】