横浜FC 俊輔&カズ19年ぶり“共演”へ

2019年08月13日 16時30分

練習後、サインを求めるファンに対応した俊輔

 J2横浜FCの元日本代表MF中村俊輔(41)が天皇杯3回戦横浜M戦(14日、ニッパツ)で移籍後初めて、カズこと同FW三浦知良(52)と“先発共演”することが濃厚となった。2人は12日に横浜市内で行われた非公開練習で、先発組としてプレーした模様。左足の負傷から復帰後、リーグ戦2試合の途中出場を経て古巣相手に先発のチャンスをつかんだ俊輔は「(対戦相手が)マリノスとかそういうのより、コンディションが上がってきている中でアピールしたい。少しでもいいプレーをしてリーグ戦につなげていければ」と意気込んだ。

 カズと同じピッチに立つのは、ともに日本代表だった2000年6月6日にモロッコで行われたハッサン2世国王杯ジャマイカ戦以来。当時カズは途中出場だったが、3―0の後半33分に俊輔が起点となり、カズのゴールが生まれている。この日の練習中にもジャマイカ戦が2人の話題になったようで、俊輔はカズへ得点をお膳立てするイメージを膨らませている。

 かねてこの試合での“共演”を望んでいたカズは「去年も(天皇杯で横浜Mに)負けている。思い切り戦って次のステージに進みたい」とリベンジを誓った。