「Jリーグ鳥の会」環境保護活動で国際組織とコラボ

2019年08月08日 17時08分

協働活動の調印式を行ったJリーグとバードライフ・インターナショナル

 Jリーグ鳥の会とバードライフ・インターナショナル東京が8日、都内のJFAハウスで協働活動宣言の調印式を行った。

 Jリーグ鳥の会は、鳥類をモチーフにした18クラブのマスコットにより構成される会で環境活動に取り組んでいる。バードライフ・インターナショナルは野生鳥類とその生息地の保護を図る目的の国際組織。“鳥つながり”という共通点から、日本支部がともに環境保護の取り組みを行っていくことになった。

 鳥の会からは“会鳥”のギラン(J3北九州)を始め、ベガッ太(J1仙台)、マリノス君(J1横浜M)、ガンズくん(J1松本)、ファジ丸(J2岡山)の5体が駆けつけた。

 Jリーグの村井満チェアマン(60)は協働活動の計画について「環境啓発のガイドブックなどを作り、クラブを通じて啓発していきたい」などと説明。日本サッカー協会も鳥類の一種とも言える「八咫烏(やたがらす)」をシンボルマークとしており「“親戚関係”なので連携していければ」と村井チェアマンはさらなる“コラボ”も呼びかけた。

 調印式には高円宮妃久子さまもご出席され「みんな地元で一生懸命活動してくれている。自分たちの発信力を使って、これからも地元の人や子供たちに『環境を守っていきましょう』というメッセージを送ってください」と鳥の会のマスコットたちへ向けて激励のお言葉を述べられた。