J1湘南 南米カップの王者決定戦で0-4の大敗

2019年08月08日 16時30分

 昨季ルヴァンカップを制したJ1湘南は7日、南米カップの王者決定戦でアトレチコ・パラナエンセ(ブラジル)に0―4で大敗した。前半41分に先制点を許すと後半は3失点。ソウ貴裁監督(50)は「老かいさもあったし、プレー選択のジャッジなど差があった」。後半から出たMF斉藤未月(20)は「当たり前のことを当たり前にしっかりプレーできる」とレベルの差を痛感した。日本代表DF杉岡大暉(20)は「負けがいい経験になったとは言いたくない」と唇をかみしめた。