【天皇杯】カズが最年長出場記録更新 最年長ゴールならずもチームは勝利

2019年07月10日 21時00分

 J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良が10日、天皇杯2回戦の仙台大戦(ニッパツ)に先発し、自身の持つ天皇杯最年長出場記録を52歳134日に更新した。

 キャプテンマークを巻いたカズは、先発した4月7日のホーム福岡戦以来となる公式戦出場。天皇杯最年長ゴール記録(41歳105日)更新の期待を背負ってピッチに立った。積極的にボールに絡もうとするが、チャンスらしいチャンスもなく、シュートを打てないまま同17分にFW斉藤光毅(17)と交代した。

 試合は後半4分に先制を許したものの、MF松井大輔(38)とFW戸島章(27)のゴールで逆転勝ち。Jクラブの意地を見せて、大学生にジャイアントキリングを許さなかった。