J1首位 FC東京支える選手のプライド“キーマン”抜け戦力ダウンも好材料!?

2019年07月09日 16時30分

永井(左)に“久保ロス”なし?

【武田修宏の直言!!】J1首位を独走しているFC東京は7日のG大阪戦で、FW永井謙佑(30)が2ゴールを含め全3得点に絡む活躍を見せるなど3―1で快勝したね。静岡・清水東高時代の先輩になる長谷川健太監督(53)にも頑張ってもらってリーグ初制覇を成し遂げてほしいよ。

 FC東京では前半戦の快進撃を支えたMF久保がRマドリードに移籍。チームに変化を与えられる存在でキーマンになっていたから、彼が抜けたのは大きな戦力ダウンだよね。それでも優勝を逃すことがあれば周囲からは「久保がいなくなったから」とか言われかねない。そこは選手もプライドあるし、発奮材料になるんじゃないかな。

 中でもFW永井は久保移籍後のチームで素晴らしいパフォーマンスを見せている。これまでよりも積極的になったし、自覚もあるんだろうね。FWの立場で考えると、好パスを出してくれる久保のような中盤の選手がいなくなることは痛手だけど、そんな影響も一切、感じさせない。自慢のスピードを武器に後半戦も見せてくれるでしょう。

 それと気になるのはJ1最下位の古巣磐田。成績不振で名波浩監督(46)が辞任し、同じ浜松出身で後輩の鈴木秀人(44)が新監督に就任したけど、元日本代表10番のMF中村俊輔(41)や同FW大久保嘉人(37)ら経験者をどう起用していくのかな。チームを再構築して、J1残留を果たしてほしいね。