横浜M・仲川が予告通りのJ1“令和第1号”

2019年05月03日 15時11分

 J1の“令和第1号”はハマのスピードスターだ。

 J1横浜MのFW仲川輝人(26)が3日に行われた広島戦(Eスタ)で先制ゴールを決めた。

 前半34分、FWマルコス・ジュニオール(26)が左サイドからペナルティーエリア付近へスルーパスを出すと、抜群のスピードで走り込んできた仲川が相手DFをかわして冷静にシュート。見事にゴールネットを揺らし、チームに待望の先制点をもたらした。

 この一発が、時代が令和に変わったJリーグで初のゴール。仲川はこの試合の前まで3位に付けていた広島戦に向けて「上位との対決なので絶対に勝ちたい」と今後の優勝争いに向けて重要な一戦と位置付け「ここで自分がゴールを決めて勝利に貢献したい」と気合いを入れていた。まさに“予告通り”のメモリアルゴールでチームに勢いをもたらした。