久保建英の活躍でFC東京快勝 敵将脱帽「楽しみでしょうがない」

2019年04月28日 18時07分

 J1・FC東京が28日、松本戦(味スタ)に2―0と快勝し、リーグ戦首位をキープした。

 MF久保建英(17)が2得点に絡んで勝利に貢献した。0―0の前半44分、スルーパスでFW永井謙佑(30)の先制点をアシスト。後半31分にはペナルティーエリアに進入したところを相手DFに倒されてPKを獲得した。

 今季リーグ戦初得点のチャンスだったが、決めたのはFWディエゴオリベイラ(28)だった。久保は「蹴りたかったけど(チームの決まりとして)いつもディエゴが蹴っているので」と振り返った。

 長谷川健太監督(53)は「彼から攻撃の起点になったり、素晴らしいプレーをしてくれた」と高評価。敵将の反町康治監督(55)も「質の違いを見せてくれる日本人を久々に見た。これからどういう道をたどるのか楽しみでしょうがない。日本を背負うプレーヤーになってほしい」と大きな期待を寄せた。