【欧州CL】イングランド対決はリバプールがマンCを圧倒

2018年04月05日 11時30分

DFの間を割ったマネ(中)が強烈なヘディングシュート(ロイター)

【英国・リバプール4日(日本時間5日)発】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦が行われ、注目のイングランド勢対決はホームのリバプールがマンチェスター・シティーに3―0で快勝。ロシアW杯のスター候補たちが躍動した。

 まず輝きをはなったのはエジプト代表FWモハメド・サラー(25)。前半12分に高速カウンターからゴール前に詰めて先制点を奪うと、同21分にはイングランド代表MFアレックス・オクスレードチェンバレン(24)がゴール正面から豪快なミドル弾を突き刺した。

 さらにその10分後、日本が1次リーグで対戦するセネガル代表FWサディオ・マネ(25)がサラーの右クロスに反応。高い打点からのヘディングシュートでゴールネットを揺らし、前半だけで試合をほぼ決めた。

 今季、イングランド・プレミアリーグで首位を独走するマンチェスターCだが、リバプールは唯一の黒星をつけている。この日も“天敵”ぶりを発揮し、ユルゲン・クロップ監督(50)も笑いが止まらなかった。