原口がW杯代表左サイドのライバルを分析

2018年03月23日 14時00分

 FW原口元気(26=デュッセルドルフ)が左サイドを争うライバルを冷静に分析した。W杯アジア最終予選からポジションを争ってきたFW乾貴士(29=エイバル)に代わりFW宇佐美貴史(25=デュッセルドルフ)とFW中島翔哉(23=ポルティモネンセ)が参戦したことに「貴史は一緒にやってわかっている。翔哉は本当に“初めまして”で見ていて新鮮。間違いなくクオリティーがある。攻撃で変化を付けられる選手だと練習でも感じる」と解説した。

 とはいえ、W杯に出場するには定位置を確保しなければならない。原口は「すごく調子がいい。決めたいし決められると思う」と約1年4か月ぶりのゴールでW杯メンバーの座を射止めるつもりだ。