ハリル会見で名前挙がった香川はW杯メンバー当確か

2018年03月23日 14時00分

 日本の10番はW杯メンバー当確? ハリルホジッチ監督はこの日、マリ戦に向けた公式会見に出席し、ケガのため招集を断念した選手に言及すると自ら「もちろん(DF吉田)麻也(29=サウサンプトン)、(DF酒井)宏樹(27=マルセイユ)、シンジにいてほしかった。もっともっと(チームに力を)もたらせるから」と名前を挙げた。

 故障で招集できなかった“シンジ”というのは、左足首を捻挫して戦線離脱中のMF香川真司(29=ドルトムント)のこと。ハリルホジッチ監督は吉田、酒井宏という不動のレギュラー選手とともに昨年10月以降、日本代表から遠ざかっている香川の名前をわざわざ列挙したのだから、不可欠な戦力と考えているのは明らかだろう。ハリルジャパンの攻撃陣は、負傷者や試合から遠ざかっている選手も多いため激戦区となっているが、香川に“当確ランプ”がともったことで選手のアピール合戦にも影響が出そうだ。