ベテラン川澄奈穂美が高倉ジャパン初招集「精神的支柱」として期待

2018年03月19日 15時31分

 日本サッカー協会は19日、MS&ADカップのガーナ戦(4月1日、長崎)と、2019年フランス女子W杯アジア最終予選を兼ねた女子アジアカップ(4月6日開幕、ヨルダン)に臨む日本代表「なでしこジャパン」メンバー23人を発表した。

 FW川澄奈穂美(32=シアトル)が高倉ジャパン初招集。高倉麻子監督(49)は、16年のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選以来となるなでしこジャパン復帰となるベテランについて「縦への突破に大きな期待をしている。このチームで最年長。チームが厳しい戦いの中で精神的にふらついたときには、チームを締めてもらいたい」と語った。

【GK】池田咲紀子(25=浦和)、山下杏也加(22=日テレ)、平尾知佳(21=新潟)

【DF】鮫島彩(30=INAC神戸)、有吉佐織(30=日テレ)、宇津木瑠美(29=シアトル)、熊谷紗希(27=リヨン)、高木ひかり(24=ノジマステラ神奈川相模原)、三宅史織(22=INAC神戸)、清水梨紗(21=日テレ)、市瀬菜々(20=仙台)

【MF】阪口夢穂(30=日テレ)、中島依美(27=INAC神戸)、猶本光(24=浦和)、中里優(23=日テレ)、増矢理花(22=INAC神戸)、隅田凜(22=日テレ)、長谷川唯(21=日テレ)

【FW】川澄奈穂美(32=シアトル)、菅沢優衣香(27=浦和)、岩渕真奈(25=INAC神戸)、横山久美(24=フランクフルト)、田中美南(23=日テレ)