パチューカ本田圭佑 アシストランク首位に

2018年03月19日 11時30分

 メキシコ1部パチューカの日本代表FW本田圭佑(31)は17日(日本時間18日)、敵地で1―1で引き分けたネカクサ戦の後半31分まで出場し、1アシストを記録した。

 前半36分、本田は左サイドでFKキッカーを務めると、ピンポイントでゴール前のMFエリック・グティエレス(22)の頭に合わせ、先制弾をアシスト。

 2試合ぶり後期6個目でアシストランキング首位に立った。試合後は無言で引き揚げたが、半年ぶりの代表招集について話したというディエゴ・アロンソ監督(42)には「高いレベルでプレーできている」と感謝の意を伝えたという。