【欧州CL決勝T】メモリアル弾メッシ “本家”の超絶弾は“和製メッシ”のさらに上!

2018年03月15日 11時30分

DF3人のマークを振り切ったメッシ(右端)は左足で得点を重ねた(ロイター)

【スペイン・バルセロナ14日(日本時間15日)発】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦の2試合が行われ、バルセロナ(スペイン)はホームでチェルシー(イングランド)に3―0で快勝し、2戦合計4―1として11季連続の準々決勝進出を果たした。

  CL通算100ゴールのメモリアル弾となったメッシの2点目は、約9時間半前に「ルヴァンカップ」で生まれた久保建英のゴールの“デジャビュ”と思わせるほど、似たような形だった。ともにDFを置き去りにしてペナルティーエリア左30度の位置から左足シュート。ただ、久保がファーサイドを打ち抜いたのに対し、メッシは名手で知られるベルギー代表GKクルトワの股間を抜いた。「和製メッシ」とも呼ばれる久保だが“本家”の超絶弾ははるか先をいっている。