【ACL】柏の主将のMF大谷秀和 フォルラン徹底マークを誓う

2018年03月05日 18時41分

下平監督(左)とGK中村

 J1柏の下平隆宏監督(46)とGK中村航輔(23)らが5日、千葉・柏市で、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第3節、傑志(香港)戦(6日、千葉・日立柏サッカー場)の前日公式会見に臨んだ。

 Eグループの柏は現在、2試合を終え1分け1敗の勝ち点1で4チーム中3位。2位以内に入り決勝トーナメント進出を目指す下平監督は「非常に苦しい状況だが、勝てれば十分にグループ突破の可能性は広がる」と必勝を誓った。

 守護神・中村も「本当に重要な試合。結果をつかみ取れるようベストを尽くす」と気合十分。ACLでは終盤での失点が続くが「(2日、J1第2節の)横浜戦ではチーム一丸となって0点に抑えた。このいい流れを継続する」と意気込んだ。

 相手チームには元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(38)が在籍するが「ゲームや流れを変える両足は脅威になる」と警戒した。

 また主将のMF大谷秀和(33)も「フォルランはチャンスを作る選手。守備範囲に入ってきたときにしっかり対応していく」と徹底したマークを誓った。

 傑志の朱志光監督(57=香港)は「敵地の試合になるが全力で挑む」と決意表明。またMFクリスティアン・ヴァドーツ(32=ハンガリー)も「我々は向上心も高まっている。なにも不安はない」と力強く言い切った。