【欧州CL決勝T】マンU 守護神に救われセビリア戦ドロー

2018年02月22日 11時30分

好セーブを見せたマンUのGKダビド・デヘア(左、ロイター)

【スペイン・セビリア21日(日本時間22日)発】欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第1戦、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)は敵地でセビリア(スペイン)と対戦し、0―0で引き分けた。

 A組を首位で勝ち上がったマンUとE組を2位通過したセビリア。一進一退の攻防が続くなか、多くの決定機を作ったのはセビリア。前半42分、MFコレア(23)がペナルティーエリア内に侵入しシュート。これはマンUのGKダビド・デヘア(24)がセーブする。前半アディショナルタイムにはDFナバスの突破からゴール前でフリーのFWムリエル(26)が頭で押し込むが、またもデヘアが至近距離弾を片手一本でセーブ。守護神の好プレーに救われた。

 マンUは後半38分、FWルカク(24)が好位置でボールを受け、ゴールネットを揺らしたが、ハンド判定でノーゴール。結局、両者ともに得点はなく、スコアレスドローで終わった。

 第2戦は3月13日(日本時間14日)に、マンUホームで行われる。