【欧州CL決勝T】Cロナ2発!レアルがPSGに逆転で先勝

2018年02月15日 11時30分

勝ち越しゴールとなる2点目を決め喜ぶC・ロナウド(ロイター)

【スペイン・マドリード14日(日本時間15日)発】欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第1戦、レアル・マドリード(スペイン)はホームでパリ・サンジェルマン(PSG、フランス)と対戦。FWクリスチアーノ・ロナウド(33)の2ゴールなどで3―1で逆転勝ちした。

 レアルはスペインリーグで首位バルセロナと大差の4位と絶不調。スペイン国王杯も準々決勝敗退で、ジネディーヌ・ジダン監督(45)の解任までささやかれている。12度の優勝を誇る欧州CLだけは絶対に負けられない。開始早々から猛然と強豪・PSGゴールに襲い掛かった。

 しかし前半33分、PSGのFWネイマール(26)のヒールパスからMFラビオ(22)に得点を許し、先制点を奪われる。反撃に出たレアルは同44分、MFクロース(28)が倒されPKをゲット。同45分、C・ロナウドがこれを冷静に決め、同点に追いついた。

 一進一退の攻防が続いた後半38分、レアルは途中出場のMFアセンシオ(22)がシュート。GKがはじいたこぼれ球をC・ロナウドがひざで押し込み逆転に成功した。エースは得意のポーズで絶叫。サンチャゴ・ベルナベウは歓喜に沸いた。勢いづいたレアルは同41分にもDFマルセロが3点目を決めた。

 敵地に乗り込む3月の第2戦へ、さらに気を引き締め8強入りを確実にする。