FC東京 リスク大きいデルピエロ獲り

2013年01月31日 16時00分

【サッカー情報局】

 

 デスク:欧州では冬の移籍市場が1月31日で閉まるけれど、外国人FWの獲得を目指すFC東京の動きはどうだ?


 サッカー担当記者:立石敬之強化部長(43)は「点を取れるところで補強の可能性は持っている」とまだ補強を模索しています。昨季J2得点王のFWダビ(28)を逃してから、FWアレサンドロ・デルピエロら大物を含めて、調査中です。


 デスク:ほかの大物の名前も出ているけど、いくらかかるんだ? きちんと資金は確保できているのか。


 記者:総額3億円といわれる“ダヴィ資金”を回す予定です。もともと潤沢な予算のあるクラブではないですが、悲願の初優勝のためなら、多少の出費は覚悟してますね。


 デスク:でもデルピエロを3億円では獲れないだろう? しかも活躍しなければどうなるか…。リスクは大き過ぎるんじゃないか。


 記者:実はFC東京の選手も複雑な思いを抱いてますね。「うちは本当に(スター選手を)獲るんですか。そんなお金があるなら、回してほしいですよ」(主力選手)と愚痴をこぼしてましたから。かなり年俸を抑えられているようで…。


 デスク:確かにな。スター選手の加入は楽しみだけど、強行すればチーム内外から反発は大きいかもしれないな。