無敗!長友 フル出場でミラノダービー制す

2017年10月16日 11時30分

長友(中)は懸命のヘディングで相手のクロスをクリア(ロイター)

<15日の欧州サッカー>

【イタリア】167回目となる伝統の“ミラノダービー”が行われ、インテルがFWイカルディのハットトリックの活躍でACミランに3―2で競り勝ち、開幕から8戦無敗で2位に浮上。日本代表DF長友佑都(31)は左サイドバックでフル出場し、勝利に貢献した。

【フランス】マルセイユの同DF酒井宏樹(27)は敵地のストラスブール戦に右サイドバックで先発し、後半40分に退いた。試合は3―3で引き分けた。

【イングランド】サウサンプトンの同DF吉田麻也(29)はホームのニューカッスル戦で先発フル出場。試合は2―2で引き分けた。

【オランダ】フローニンゲンのMF堂安律(19)はホームのAZ戦で先発フル出場。1点ビハインドの後半8分にペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得し、1―1の引き分けに貢献した。

【スペイン】エイバルの日本代表MF乾貴士(29)はホームのデポルティボ戦でベンチ外。試合は0―0で引き分けた。

【ドイツ】2部ウニオン・ベルリンのDF内田篤人(29)は敵地のレーゲンスブルク戦でベンチ入りしたが出番なし。試合は2―0で勝った。