【キリンチャレンジC】倉田&杉本ゴールも反省モード

2017年10月11日 16時30分

笑顔を見せた倉田(右)と杉本

 10日の国際親善試合・キリンチャレンジカップのハイチ戦(日産スタジアム)、国際Aマッチ2試合連続弾のMF倉田秋(28=G大阪)とA代表初ゴールのFW杉本健勇(24=C大阪)の新戦力コンビが“反省モード”だ。

 ロシアW杯に向けたサバイバル競争の試合で結果を出した2人だが、試合後は浮かない表情。倉田は「勝つことが大事なので。自分がスタメンで勝てなかったのでアピールできたとは思っていない。1点目を取った後にチャンスもあった」と言えば、杉本も「結果は欲しかったけど、まだまだ取れた。新しいメンバーが入ってこういう結果になったのは悔しい。課題はいっぱいあった」と唇をかんだ。守備に消極的な面が目立つなど得点以外は見せ場もなく、意気消沈だった。