久保建英U-17、20W杯掛け持ちに不安の声 その後は東京五輪専念へ

2017年09月23日 16時30分

久保への注目度は高まる一方だ

 日本サッカー協会は22日、U-17W杯(10月6日開幕、インド)に臨むメンバーを発表。飛び級で5月のU-20W杯(韓国)に出場したスペイン1部バルセロナの下部組織出身の“天才少年”FW久保建英(16=FC東京U-18)も選ばれた。

 順当な選出の裏で日本サッカー協会には「U-20W杯に出て、U-17W杯に出る必要があるのか。1年に2度のW杯出場は酷使につながる」と懐疑的な意見もあった。しかし久保の情熱が慎重論を突き破ったという。森山佳郎監督(49)は「U-20W杯が終わって『U-17W杯はどうする?』と(久保に)聞いた。“どうしようかな”という感じだったら上でやればいいと思ったが、『絶対に行きます』と言ってくれた」と2人のやりとりを明かした。

 ただ、サッカー界の至宝は2021年のU-20W杯出場も可能な年代だけに、今後も“掛け持ち問題”がつきまとう。久保本人は「自分は次(21年)のU-20W杯の可能性はある」と意識しているものの、5月のU-20W杯など東京五輪世代の中でもやれることを証明しており、今大会後の代表活動はメダル獲得を至上命令とする東京五輪に専念する方針だ。協会関係者は「これからは今年のようなことはないと聞いている」と説明した。

 もう一つ可能性のあるA代表に関してもバヒド・ハリルホジッチ監督(65)は「ここ3年が大事になる。落ち着いて日本の宝にしないといけない」と慎重な姿勢。即座の“超飛び級”は現実的ではない。

 東京五輪に専念できる環境が整いつつある中、まずはU-17W杯で世代最強をアピールしたいところ。久保は「同世代には負けたくない。出るからには優勝したい」と力強く言い切った。