【U―17W杯】メンバー入りの久保建英「結果とプレーで魅せる大会に」

2017年09月22日 18時28分

U-17W杯代表に選ばれた平川怜(左)と久保建英

 日本サッカー協会は22日、U―17W杯(10月6日開幕、インド)に臨むメンバーを発表。飛び級で5月のU―20W杯(韓国)に出場したスペイン1部バルセロナの下部組織出身のFW久保建英(16=FC東京U―18)も順当に選ばれた。

 森山佳郎監督(49)は都内で行われた会見で「U―20W杯を経験して、貴重なものを僕らのところに注入してくれると思う。(U―20W杯から)帰ってきて(U―17代表イレブンに)素晴らしい話をしてくれた。U―20W杯では得点も取れなくて力を発揮しきれずに帰ってきたので、この大会に期する思いは強いと思う」と期待を寄せた。

 一方の久保は東京・小平グラウンドで報道陣に対応。「自分がチームを引っ張りたい。同世代のすごい選手がいる中で負けたくない。結果とプレーで魅せる大会にしたい」と意気込みを語った。さらに「できれば優勝したい。優勝できたら、W杯世代(A代表)になったときにW杯で優勝できる可能性も高まるし、後々のサッカー人生にプラスになる」と大きな目標をぶち上げた。