岡崎の先制弾でリバプール粉砕!

2017年09月20日 11時35分

途中出場の岡崎が勝利の立役者になった(ロイター)

<19日の欧州サッカー>

【イングランド】日本代表FW岡崎慎二(31)が所属するレスターはリーグカップ3回戦でリバプールと対戦。2―0で勝利を収め、4回戦に駒を進めた。ベンチスタートの岡崎は0―0の後半8分から途中出場。後半20分に先制ゴールを挙げると、2点目をアシストし、チームの勝利に大きく貢献した。今季はリーグ戦4試合の出場で2得点を挙げるなど、好調をキープしている。

【スペイン】エイバルの日本代表FW乾貴士(29)は敵地でのバルセロナ戦にフル出場した。昨季最終戦の同カードで2得点を挙げた乾だが、今回はゴールに絡めず、チームは1―6と大敗。バルセロナのエース・メッシに4得点を許した。

【イタリア】日本代表DF長友佑都(31)のインテルは敵地でのボローニャ戦に1―1と引き分け、開幕からの連勝が「4」でストップした。長友はフル出場。

【ドイツ】シュツットガルトのFW浅野拓磨(22)は敵地でのボルシアMG戦に先発出場。後半17分までプレーしたものの、得点はなく、チームも0―2で敗れた。

 2部のウニオン・ベルリンに所属するDF内田篤人(29)はザンドハウゼン戦で移籍後初の先発出場。代表、クラブを通じて、およそ2年半ぶりとなるフル出場を果たした。チームは0―1で敗れた。