“代表不要論”噴出の本田圭佑 逆襲に自信「良い感じで舞台は整ってる」

2017年09月07日 13時42分

日本代表FWの本田圭佑(左=ロイター)

 日本代表FWの本田圭佑(31)が7日、ツイッターで“代表不要論”に対して感謝の言葉をつぶやいた。

 本田は5日(日本時間6日)のロシアW杯アジア最終予選サウジアラビア戦に先発出場したが、低調なパフォーマンスのまま前半で交代。代表生き残りをかけた大事な一戦でバヒド・ハリルホジッチ監督(65)から“失格”の烙印を押された形となり、マスコミや世論から“代表不要論”が噴出した。

 この批判に対して本田は「サッカーファンの皆さん、メディアの皆さん、『もう代表に必要ない』とか他にも厳しい声をありがとうございます」とツイート。続けて「年明けてからの半年間が何よりも重要なのは何度も言ってるが、良い感じで舞台は整ってると思ってます。ありがとう」と逆襲への自信をにじませた。