【W杯アジア最終予選】杉本代表初ゴールに意欲

2017年08月28日 16時30分

代表初招集のFW杉本健勇(24=C大阪)が、改めて代表初ゴールに意欲を燃やした。  今季Jリーグで14得点を挙げている実績を評価されて日本代表に抜てきされた。チーム内外に漂う緊迫感を肌で感じ「本当に大事な試合。来てみて改めて感じる。まだ試合に出られるか分からないけど、(得点は)欲しい」。練習中にはハリルホジッチ監督に呼ばれて5分ほど話し込んだ。 「質が高く、体格もある、珍しいタイプ」と評価されているように“個別指導”は期待の証し。「ゴール前に入ってからの動きを言われたり、『ゴール前で勝負しよう』とも言われた」と指導の内容を明かした。  現段階では、センターFWを争う大迫と岡崎慎司(31=レスター)の控えという位置づけだが、滑り込みでメンバー入りした12年ロンドン五輪では活躍。メダルまであと一歩の4位と大健闘を見せた。FW金崎夢生(28=鹿島)との争いに勝って“最後の1枠”を勝ち取った今回も、チームに活力を与えられるか。