大迫勇也 指揮官の心配よそに「何も問題ない」と決戦出場に意欲

2017年08月27日 18時57分

帰国した大迫

 日本代表FW大迫勇也(27=ケルン)が27日に帰国し、埼玉県内で始まった代表合宿に参加した。

 右足首の靱帯損傷が懸念されたが、25日のハンブルガーSV戦でフル出場して復活をアピール。早朝に羽田空港に到着したが「大丈夫です」と長旅の疲れも感じさせず元気いっぱい。バヒド・ハリルホジッチ監督(65)は、実戦復帰初戦でいきなりフル出場した反動を心配しているが「何も問題はない」と強調した。

 その上でロシアW杯アジア最終予選オーストラリア戦(31日、埼玉)へ向け「コンディションは悪くない」と出場に意欲を見せた。日本の貴重な得点源は決戦に間に合いそうだ。