【ACL】川崎が浦和に3―1快勝 4強入りへ前進

2017年08月23日 21時00分

 J1川崎は23日、Jクラブ対決となったアジアチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第1戦(等々力)でJ1浦和に3―1と快勝し、クラブ史上初の4強入りへ大きく前進した。

 先制点は頼れるエースから生まれた。前半32分、FW小林悠(29)がMF中村憲剛(36)の左からのクロスに左足で合わせてゴールネットを揺らした。さらに1―0の後半5分、小林のシュートが相手GKにはじかれたところを、走り込んできたDFエウシーニョ(27)がジャンピングボレーでゴールへ叩き込んだ。2―1の後半40分には再び小林が決めて試合を決定づけた。

 一方の浦和は、0―2の後半30分に後半から出場のFW武藤雄樹(28)がゴールを決めた。試合は敗れたものの、準々決勝第2戦(9月13日、埼玉)での逆転に向けて貴重なアウェーゴールとなった。