佐々木監督“丸山見捨てない”

2013年01月13日 16時00分

 国際サッカー連盟(FIFA)の2012年年間表彰式(スイス)から帰国したなでしこジャパン佐々木則夫監督(54)が、MF澤穂希(34=INAC神戸)らベテラン勢の招集は6月以降とする考えを明かした。

「ベテランたちは能力を把握しているので(シーズンの)前半に呼ぶことはない」(佐々木監督)

 2月に各年代の代表候補による合同合宿(大分)や3月のアルガルベカップ(ポルトガル)はMF田中陽子(19=INAC神戸)ら若手中心で臨む意向で、6月の欧州遠征からベテラン勢との融合を図る。

 佐々木監督は「澤、福元(美穂=29)、宮間(あや=27、ともに岡山湯郷)、丸山(桂里奈=29、大阪高槻)もずっと呼ばないというイメージはない。ボクは彼女たちを見捨てる男ではない」と話した。意外にも、“ラッキーガール”丸山もまだ構想外ではないという。