ネイマール 1ゴール1アシストのPSG鮮烈デビュー

2017年08月14日 11時30分

ネイマールはアシストのカバーニ(右)に感謝して笑顔(ロイター)

【フランス・ギャンガン13日(日本時間14日)発】フランス1部リーグ第3節が行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)に新加入したブラジル代表FWネイマール(25)がギャンガン戦で1得点1アシストの鮮烈デビューを飾り、3―0の勝利の原動力となった。

 バルセロナ(スペイン)から史上最高の移籍金となる2億2200万ユーロ(約291億円)で新天地に移ったネイマールだったが、移籍手続きの遅れで開幕から2試合は出場がかなわなかった。そのうっぷんを晴らすべく、3トップの左で先発出場した背番号10は躍動。前半こそスコアレスだったが、後半7分にオウンゴールで先制すると、同17分にFWエディンソン・カバーニ(30)に絶妙なスルーパスを通してチーム2点目をアシストした。

 さらに同37分にはカバーニからの左クロスを右足で合わせてデビュー戦で初ゴール。あっという間にチームメートによる祝福の輪が広がった。その後もギャンガンを圧倒し、PSGで念願の初勝利。バルサに負けず劣らずのスター軍団の一員として、ネイマールが華々しいスタートを切った。