なでしこ主将・熊谷紗希 子供相手に本気プレー

2017年07月08日 17時59分

熊谷紗希

 なでしこジャパンのDF熊谷紗希(26=リヨン)が8日、千葉県内で女子小学生を対象にサッカー教室を行った。

 集まった40人の“未来のなでしこ”に技術指導を行った後、ミニゲームを行い、かなりの本気モードでプレー。「楽しくできたし、上手な子も多かった。なでしこジャパン目指して頑張ってもらいたい」とエールを送ると「勝負で負けないことも大切なので、それが伝わったらいいなと思う」と手加減しなかった理由を語った。

 今後は7月下旬に所属クラブに合流し、8月下旬の開幕に向けて調整する。「監督も代わって0からのスタートなので、まずはピッチに立ってやるべきことをやっていきたい」

 主将を務めるなでしこジャパンは、来年4月にフランス女子W杯(2019年)のアジア予選を控える。「チームで活動できないときは、個人のレベルアップを目指してやっていきたい」と語った。