俊輔 後輩に託したリベンジ

2013年01月04日 11時00分

<全国高校サッカー(3日)>桐光学園(神奈川)3-0佐賀商(佐賀)

“御前試合”で8強だ。桐光学園は佐賀商に3—0と圧勝。16年ぶりの準々決勝進出となった。

 個々の能力で上回る桐光学園は立ち上がりから圧倒的に攻め立てた。前半21分、右サイドから切れ込んだMF橋本のシュートがこぼれたところをFW市森が押し込んで先制。さらに同38分にMF菅本、後半25分にはMF松井が決めてトドメを刺した。この快勝にも佐熊監督は「まだまだ。もっとできる」とあえて苦言。目指すべき目標が高いことを強調した。

 またこの日は、同校OBでJ1横浜のMF中村俊輔(34)が観戦。元旦には宿舎に出向いてゲキを飛ばしたが、さらに後輩たちの雄姿を見届けようと駆けつけた。試合後は「8番(菅本)10番(松井)がいいし、7番(橋本)も面白い。おれは準優勝だから、それを超えられるように頑張ってほしい」。自らは75回大会でエースとして活躍したが、決勝で市船橋に敗北。そのリベンジを後輩に託し、悲願の初Vを厳命した。

 偉大な先輩の熱い思いに桐光イレブンは応えられるか、注目だ。