小嶺総監督「2、3年待って下さい」

2013年01月04日 11時00分

試合後涙ぐむ長崎総合科学大付イレブン

<全国高校サッカー(3日)>東海大仰星(大阪)1-0長崎総合科学大付(長崎)

 名将の挑戦は、3回戦で終焉を迎えた。

 初出場ながら1、2回戦を勝ち抜いてきた小嶺忠敏総監督率いる長崎総合科学大付は、序盤から苦しい展開が続いた。セカンドボールを拾えず、相手DFの裏へのボールも通らない。「ボクの手綱が緩んだかな。ちょっとリラックスさせ過ぎた」。小嶺総監督も、これまでとは違うイレブンの動きを感じていた。

 後半12分に先制された長崎総合科学大付イレブンは、ここから猛攻を仕掛けた。終了間際には途中出場のFW東俊宏がゴールポスト直撃の惜しいシュートを放つ場面もあったが、反撃は及ばなかった。それでも試合後、小嶺総監督はサバサバとした表情。「個の力がない中で、よくここまでやった。伸び切ったゴムのようなもの。これ以上無理したら切れてしまう。大したもんですよ」と選手たちをねぎらいながら振り返った。

 選手権6度の優勝に導いた国見(長崎)を率いた時代とは明らかに、選手層に差があった。それでも週4〜5日は選手とともに寮に泊り込み、今回のメンバーは2年間かけて特徴をつかんでいった。うまく選手を組み合わせることでここまで勝ち上がったが、さすがに上位を狙うには戦力、時間とも足りなかった。

「2〜3年待ってください。おのずと全国のトップを狙えるようになりますよ」と静かに誓った名将は、次なる野望に向けて動き出す。