鹿児島城西 新納の人生初ゴールで快勝

2013年01月03日 10時48分

 全国高校サッカー選手権第3日、鹿児島城西(鹿児島)も1―0で強豪・前橋育英(群馬)に快勝。名門対決を制した。


 序盤から激しい攻防を繰り広げる中、前半ロスタイムに試合は動いた。鹿児島城西のDF新納洋輝が、右CKにドンピシャで頭を合わせ先制点。この豪快な1点を守りきった鹿児島城西が3回戦に進出した。


 ヒーローとなった新納は「うれしかった」と興奮さめやらぬ様子。さらに意外な事実を明かす。「人生初ゴールなんです。小1からサッカーをやってますが、公式戦では初めてです」。


 サッカーを始めた頃からDFを任され、中学時代にサイドハーフの経験こそあるものの、ポジション的になかなか得点に縁がなかったという。とはいえ、名門校のレギュラーを張る選手が、これまで“ゴール未体験”というのは珍しい。あまり意識はしていなかったようだが「CKになったら取りたいという気持ちはありました」と密かに一発を狙っていた。まさかの決勝弾に小久保監督も「貴重な点を取ってくれた」と大喜びだ。


 関東の雄を沈めてベスト16入りした鹿児島城西。「大迫さんの時にしていない優勝を目指します」と新納は力強く宣言した。OBのFW大迫勇也(22=鹿島)も成し遂げられなかった初Vを狙う。