U―20W杯メンバー入りへ 久保建英“割り切り戦術”

2017年03月08日 16時30分

15歳の久保が飛び級でU―20代表合宿に参加

 スペイン1部リーグ、バルセロナの下部組織出身のU―20日本代表FW久保建英(15=FC東京U―18)が世界デビューに向け“割り切り作戦”に打って出る。

 

 7日、都内で行われたU―20代表候補合宿に飛び級で参加した久保は「朝からフィジカルテストもあってハードな一日だったけど、やり切った感はある」と語った。ただ午後に行われた実戦形式の練習については「正直思ったよりできなかった。もうちょっと早くボールを受けにいく動きが欲しかった」と反省の言葉を口にした。

 

 その先に見据えるのは、初めての世界大会となるU―20W杯(5月、韓国)のメンバー入りだ。久保は「自分はほかのFWと違ってオフの動きは得意じゃない。オンは少し自信がある」と現状を認識した上でこう語った。「今から15年間で変えられなかったものを(U―20W杯までに)変えるというのは無理だと思うので、できないことはできないと割り切って自分のできることを全力でやりたい」

 

 もちろん、将来的には苦手分野も克服していくつもりだが、まずはU―20W杯に向け得意分野に磨きをかける方が得策という考えだ。実際に、ボールコントロールなど技術力では抜群の存在感を見せる。内山篤監督(57)も「(飛び級でも)戦力になるし将来性もある」と評価している。

 

 昨年のアルゼンチン遠征(11月30日~12月10日)に続いての招集で同僚との連係面も深まっている。日本サッカー界の至宝は、地に足をつけた姿勢で“世界デビュー”を狙う。