柴崎「ラスパルマス移籍」は破談に!

2017年01月31日 11時25分

柴崎岳

 J1鹿島MF柴崎岳(24)のスペイン1部ラスパルマス移籍が破談となった。同クラブのミゲル・アンヘル・ラミレス会長は30日、チーム公式ラジオ「UDラジオ」に出演し、今冬の補強を終えたと報告した。

 ラスパルマスは、フランス1部パリ・サンジェルマンからスペイン人FWホセ・ロドリゲス(23)の獲得に成功。ラミレス会長は「監督はこれ以上、選手を増やしたくないと考えている」と話し、事実上の補強終了を宣言した。柴崎はスペイン入りし、最終交渉に備えていたが、これでラスパルマス入りは消滅した。今後は他スペインクラブ入りの可能性もあるが、欧州の移籍期限となる31日まで残された時間はわずかしかなく、厳しい見通し。移籍が実現しない場合は鹿島と再契約すると見られている。